• HOME
  • 子どもの家 通信

子どもの家 通信

子どもの家 通信「なかよし子どもの家」「あおぞら子どもの家」
福岡市南区和田1丁目22−31 みのはらハイツ101
「おおはし子どもの家」「すくすく子どもの家」
福岡市南区大橋1丁目19−16 大橋セントラルハイツ1階
での楽しい活動の様子をお伝えします。
福岡市小規模保育事業「子どもの家」ページへ

今週の『子育て愛のメッセージ』 2016/8/23(火)



 子ども達は、お母さんとお話したい気持ちがいっぱいです。
子どもが「○○して欲しい」と伝えようとしている時に、言葉をさえぎり
さっさと希望を叶えてあげたり……「なぜ?」「どうして?」「それから」
など、立て続けに質問することはありませんか?

  お母さんが、子どもの言葉や喃語、表情、態度から心を読み取り、
腰をおとして子どもと目と目を合わせ、うなずきながら「わかったよ」
という気持ちでゆっくりと聞いてあげることが言葉の発達を促します。

 聞いた内容を言葉で表してあげることも大切です。
例えば「そう……痛かったんだね。」「〜したから嬉しかったね!」など、
大切なのは、一方的なおしゃべりではなく、言葉のキャッチボールです。



 ミルクが欲しくて泣いている赤ちゃんに「お腹がすいたんだね、
すぐにミルクあげるよ」と、赤ちゃんの気持ちを言葉でくり返すことで、
情緒が安定し、お母さんとの心の繋がりも深まります。


 言葉を獲得するには……
    〜教え込むより上手に聞く ・ 話し上手は聞き上手〜     
                      
     これがポイントです☆