• HOME
  • 子どもの家 通信

子どもの家 通信

子どもの家 通信「なかよし子どもの家」「あおぞら子どもの家」
福岡市南区和田1丁目22−31 みのはらハイツ101
「おおはし子どもの家」「すくすく子どもの家」
福岡市南区大橋1丁目19−16 大橋セントラルハイツ1階
「えんぜる子どもの家」
福岡県福岡市南区折立町5-18 第2よし川ビル1階
での楽しい活動の様子をお伝えします。
福岡市小規模保育事業「子どもの家」ページへ

「0歳児の保育参観と1,2、歳児の夏まつり」を終えて 2021/7/27(火)

先日行われた0歳児の保育参観と1,2歳児の夏まつりには、ほとんどの保護者の方にご参加頂き、ありがとうございました。保育参観や夏まつりを開催するにあたり、感染症拡大予防対策を図りながら保護者の方にもご協力いただき無事に行うことができとても嬉しく思います。

 

0歳児の保育参観では保護者と一緒に手遊びやわらべ歌あそび、また、赤ちゃん体操では実際親子で実践していただき親子での素敵な笑顔をたくさん見ることができました。

また、ハイハイレースでは大好きなお父さん、お母さんをめがけてハイハイしたり、泣いたりと様々な表情を見せてくれました。

ミニミニ講座では「0歳児からのトイレットトレーニングの大切さ」や「絵本の読み聞かせ」

「言葉掛けの大切さ」について子どもの家園長 篠崎先生やえんぜる保育園園長針間先生、

本園副主任の木本先生からのお話もあり保護者の方も熱心に聞いていただき、メモを取られる方もいらっしゃり、とてもうれしく思いました。

Atacched FileAtacched FileAtacched File

1、2歳児の夏まつりでは毎日子ども達と線に並ぶ練習やお友達と手を繋いで円を作ったり

曲に合わせて手先や指先をめいいっぱい広げ踊りました。身体を動かすことが大好きな子ども達は曲が鳴ると身体でリズムをとったり、普段の生活の中で、夏まつりの歌を口ずさんだりと、とても楽しんでいました。

本番当日は、泣いてしまう子もいましたが、お天気に恵まれ子ども達がとても楽しみにしていた夏まつりを無事に行うことができ、保護者の方にたくさんの拍手ももらい、満足そうな表情を浮かべるなど、行事を通してまた、一つ成長した姿を見ることができました。

Atacched FileAtacched FileAtacched File

Atacched FileAtacched File

夏まつりを終え、おたより帳や口頭で、「大きな声で歌いながら踊る姿に感動した」

「去年より成長した姿を見ることができて良かった」「普段の子どもの姿を見ることができてうれしかった」

「お友達との関わりも見えて安心した」「普段と違う環境でも泣かずに頑張る姿に驚いた」

「初めての行事にとても楽しかった」「当日は泣いてしまったけど、家で踊りを見せてくれた」

 

など本当にたくさんの保護者の方からもうれしい言葉を頂き、私たち職員も、やりがいや意欲につながっています。有難うございました。これからも子ども達が楽しく活動したり満足できるように毎日の保育を大切にしながら、子ども達と向き合い保育の充実を図っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

新着記事

 [次へ≫]

カテゴリー